Battle for Sakhalin 1945 (Historical Notes Masahiro Yamazaki) by Masahiro Yamazaki

ISBN:

Published: August 12th 2014

Kindle Edition

16 pages


Description

Battle for Sakhalin 1945 (Historical Notes  by  Masahiro Yamazaki) by Masahiro Yamazaki

Battle for Sakhalin 1945 (Historical Notes by Masahiro Yamazaki) by Masahiro Yamazaki
August 12th 2014 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, talking book, mp3, ZIP | 16 pages | ISBN: | 4.54 Mb

太平洋戦争末期の1945年8月、対ドイツ戦の勝利で勢いに乗るソ連邦は、日ソ中立条約を破棄して対日宣戦布告を行い、極東のソ連軍は日本軍への総攻撃を開始した。このソ連軍による対日攻撃の主舞台となったのは、当時関東軍が展開していた広大な満洲国だったが、副次的な戦域として千島列島と南樺太、そして朝鮮北東部でも、日ソ両軍部隊の戦闘が繰り広げられていた。北海道の真北に位置する、南北950キロ、東西160キロの細長い樺太(ソ連側呼称はサハリン)は、日露戦争のポーツマス講和条約(1905年)以降、More太平洋戦争末期の1945年8月、対ドイツ戦の勝利で勢いに乗るソ連邦は、日ソ中立条約を破棄して対日宣戦布告を行い、極東のソ連軍は日本軍への総攻撃を開始した。このソ連軍による対日攻撃の主舞台となったのは、当時関東軍が展開していた広大な満洲国だったが、副次的な戦域として千島列島と南樺太、そして朝鮮北東部でも、日ソ両軍部隊の戦闘が繰り広げられていた。北海道の真北に位置する、南北950キロ、東西160キロの細長い樺太(ソ連側呼称はサハリン)は、日露戦争のポーツマス講和条約(1905年)以降、島のほぼ中間に位置する北緯50度線で二つに区切られ、南側が日本の領土に組み込まれていた。言い換えれば、樺太は第二次大戦当時、日本軍とソ連軍が陸上で国境線を挟んで対峙していた唯一の場所であり、日ソ開戦と同時にここが戦場となったのは当然の成り行きと言えた。樺太では、満洲各地の戦域ほど兵力的に劣勢ではなかったとはいえ、既に敗色濃厚となっていた日本軍には、ソ連軍の本格的な攻勢を長期にわたって食い止める戦力は残されていなかった。しかし、国境付近に築かれた陣地帯や、島の西部に位置する港町では、戦車も航空支援も高射砲も持たない小規模なĄ



Enter the sum





Related Archive Books

  1. 11.10.2011Before the Storm
  2. 26.05.2015Kinder-Verwirr-Buch
  3. 21.11.2011The Expatriates
  4. 08.02.2015Creature Cozies
  5. 12.06.2014Estnische Marchen
  6. 07.03.2012Marmalade Me


Related Books


Comments

Comments for "Battle for Sakhalin 1945 (Historical Notes":


wasze-foto.pl

©2009-2015 | DMCA | Contact us